ヨガ 片鼻呼吸法(ナディショダナ)

心身のバランスを整える片鼻呼吸法

 

LAVAのレッスン中、ときどき出てくる「片鼻呼吸法」。難しいことはなにもなく、指で片方の鼻の穴を押さえて左右の鼻の穴交互に呼吸をするだけです。簡単でどこでも出来る呼吸法ですが自律神経の安定に効果抜群で、イライラしているとき、眠れないとき、緊張しているとき、頭をクリアにしたいとき・・・・・などなど色々な困ったシーンにも使える呼吸法なので覚えておくと便利ですよ。

 

 

片鼻呼吸法のヨガ的効能

 

左の鼻の穴は「陰」「月」「女性性」エネルギーの通り道で「イダ」と呼ばれ、右の鼻の穴は「陽」「太陽」「男性性」エネルギーの通り道で「ピンガラ」と呼ばれています。片鼻ずつ呼吸を静かに行うことで陰陽のバランスをとっていくのがヨガ的効能です。現代科学?的考え方は、左脳と右脳、交感神経と副交感神経を刺激して自律神経を整える・・・です。まぁほぼ同じ感じですよね。

 

片鼻呼吸法のやり方

 

要するに片鼻を押さえて交互に呼吸をすればいいだけですが、ヨガ的手順はこちら。

 

  1. ゆったり座って背筋を伸ばします。
  2. 鼻を押さえる右手はヴィシュヌムドラの形をつくります。
  3. 右の鼻をおさえてゆったりと左鼻だけで6カウント数えながら吐き、また3カウント数えながら吸う。
  4. 今度は左の鼻を押さえ、右鼻だだけで6カウント数えながら吐き、また3カウント数えながら吸う。
  5. 繰り返します。

 

 

ヴィシュヌムドラ

右手の人差指と中指をまげて、親指で右鼻、薬指で左鼻を押さえます。

関連ページ

ホットヨガの服装
ホットヨガを始める時に気になることの一つに「服装」があると思います。実際にホットヨガスタジオの中ではどんなウェアを着ているのか徹底レポートです。
LAVAはヨガマット必須?
ホットヨガLAVAのレッスンのヨガマットは必須?実はなくても大丈夫なのですが・・・・。